平成30年度事業計画
  1. 継続事業
   @日本建築学会委員派遣 「シール材性能設計ワーキング」 川端委員
               「JASS17改定ワーキング」 棚原委員
   A関連団体共同研究
    「耐火個別認定取得に関する共同研究」 プレコンシステム協会
    参加会員 正会員4社 「EPDM-Sとシーリング材との接触に伴う不具合防止共同研究」
    日シ工・日シ工連・正会員4社
    6種類の試験材料を提供、継続事業として取り纏める
   B日本建築学会発表論文奨励制度の継続と論文作成サポート
    例年同様、学会論文発表制度の運用を従来通り行い、論文作成のサポートも行う
    平成30年度の論文発表は、9月4日、5日東北大学で開催される
   C日本ゴム工業会 「JIS K 6200シリーズ改正ワーキング」青木委員
  2. 技術委員会活動
   @2018年度日本建築学会宮城大会論文投稿奨励
   A技術研修会の開催
    平成30年10月26日(金) 台東区民会館
    講師:リケンテクノス梶@研究開発センター 大澤英夫氏
    講師:日本ウエザーリングテストセンター銚子暴露試験場
       主任研究員 桑原圭介氏
   B防火材料、複合防火材料の認定審査事業
   Cその他 技術委員会提案案件
   D50周年記念DVDの制作
  3. 業務委員会活動
   @サッシメーカー、ガラスメーカーとの取引公正化推進事業
   Aホームページの改訂
   Bその他 業務委員会提案案件
   C50周年記念パーティーの開催  11月15日(木) 銀座東武ホテル
   D50周年記念ゴルフコンペの開催 11月16日(金) 船橋カントリー倶楽部
  4. 経済産業省・中小企業庁・公正取引委員会との連携
   @調査結果の報告と指導依頼
   A情報提供とアンケート回収
  5. 統計調査
   @平成29年度建築用ガスケット生産・出荷実績統計調査(継続実施事業)
   A平成29年度ビル用防火ガスケット生産・出荷実績統計調査(継続実施事業)
  6. ビル用防火設備に関する業務
   @ビル用防火ラベルの頒布事業(継続実施事業)
   Aビル防火設備の個別認定移行に関するカ防協との情報交換
  7. 広報活動
   @サッシタイムス新聞に名刺判広告の掲載
   A会員名簿の作成
  8. 会員宛情報提供
   @官公庁よりの情報提供
   A関連団体よりの情報提供
   BPVCニュースの送付
                                      以上